読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論文執筆のための実戦的方法

これまで教えてきた論文執筆に必要なことを書いていきます。

論文という名の「随筆」

論文は、自分の意見を表明するものです。

 

しかし、よく出会ったのは

    「随筆」を論文と言い張る人

です。

 

それも、

    こころにうつりゆく

       よしなしことを、

        そこはかとなく

           かきなぐった

ものです。

 

正直、独りよがりで読むに堪えないものが多かった。

(読む側にとっても苦行でしかありませんでした)

 

確かに、文章は自分が感じるものを文章をしたものであり、自分の意見を表明するものではありますが、とはいえそれがすべて論文か?と言われればそうではないと思います。

 

論文で書いていて思うことは、

「論文」には決まり事がある。

ということです。

 

構成上、先行研究は当然必要です。

記載の方法も執筆要項に記載されています。

それ以外にもいろいろあると思います。

 

それを理解せずに、自分の意見をかきなぐった随筆は当然のことながら、論文として評価されません。