読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論文執筆のための実戦的方法

これまで教えてきた論文執筆に必要なことを書いていきます。

仮説とは

論文執筆においては、「仮説」が重要になってくるのですが、特に間違えやすいのは、論文における「仮説」の理解です。 「仮説」は、 「こういった答えが導き出されるだろう」 というものです。ここは、皆が理解しており、相違はありません。 では論文になっ…

「、」を使うな。「。」を使え

論文を執筆する際の文章のテクニックです。 色々試しましたが、これが一番効果的な指示だと思います。 論文は比較的長めの文章を書くことが多くなります。そのため、「、」を多用し一文が長くなりがちです。 では、「、」を使うな。「。」を使え となるのか…

主観と客観

論文において、 主観はほとんど書くところがありません。 大部分が客観で構成されているはずです。 ちょっと待ってよ、論文って 「自分の主張を書くものではないの?」 と思いますよね。 確かにその通りです。 なんか、一見矛盾しているように思いますが、、…

タイトルなんて最後に考えればよい

論文にはタイトルが必要ですが、、、 これは最後に考えればよいことです。 最初から、あれこれ悩む必要はありません。 タイトルは、論文の一番短い要約です。 論文の中身を 適切かつ的確に示すもの であるべきなのです。 大学の先生が論文を評価するときも、…

集めることと、捨てること

論文を書くために必要な能力は? と考えてみた場合、 集める 捨てる この二つに集約されます。 論文、資料を集めること 最初の段階ではこれが重要です。 勿論、体力もいりますが、、、 どこにどういう資料があるかという抽斗を もっているかどうかにも関わっ…

論文に書かれていることが絶対とは限らない

論文は、証拠をもって書き進めるため、 基本的に間違っているということはないように感じます。 しかし、 数は多くはありませんが、 間違っている場合があります。 私が遭遇した事例では、 業界全体の製造フロー図がどう考えてもおかしかった。 その業界の研…

次に読むべき論文

最初に集めた論文を全部読んだら、 先行研究調査が終わり、ということありません。 読まなければならない論文は次から次に出てきているはずです。 その次に読むべき論文をどんどんこなして行かなければなりません。 では、その論文とは、 1) その分野ではず…

先行研究がないことはない

時たま遭遇したのですが、、、 堂々と、 「先行研究はありません」と言い切る方。 残念ながら、こういった方は、非常に勉強不足の方が多かった。 私がやっているのは最先端の研究なので、とは言いますが・・・ そもそも、研究ということ自体、 これまでの過…

定性と定量 

演繹法と帰納法について書いたので、 ついでに、定性と定量にも触れてみましょう。 これは、 定性でなければならない とか、 定量でなければならない ということは一切ありません。 定性でしか書けないこともあれば、 定量でしかできないこともある。 ただ、…

演繹法と帰納法

論文を書く際の方法論として取り上げられることが多いですが・・・ どちらがよいかどうかとか、 論文書く前に悩んでいたりする人がいるのですが・・・ 正直、 どうでもよいことです なぜならば、 内容によって、 演繹法で書いた方がよい場合とか、 帰納法で…

論文を読むときに気をつけること

ペンをもって論文を読むというのは、前に書きました。 ここで、特に注意して目印をつけてほしいこと。 それは、キーワードです。 もっと言えば、 キーワードの定義 です。 論文で使用する言葉のほとんどは、定義した上で使用していきます。 ところが、この定…

「やりたいこと」と「できること」

論文でいろいろ相談にのってきましたが、、、 困った人は、たまにはいるものです。 一番困るのは、 「やりたいこと」と 「できること」の区別がつかない人です。 論文の場合、論証しなくてはなりませんので、データなり資料がないと 論証できません。 という…

外してはいけないモノ -量をやると見えてくること-

ある分野の論文を書こうとしたら、 絶対に外せない論文が存在しています。 しかし、そのようなものは最初はわかりません。ではどのようにして見つけるのか? これは、ひたすら論文を読む続けて量をやることで見えてきます。 沢山の論文を読んでいると、 1)…

文字数なんて怖くない -どうやって短い論文にするか-

論文の執筆要項を見て、まず恐怖を感じるのが文字数です。 5万字以上(A4で50枚程度ですね)とか見てしまうと、 不安になると思います。 そりゃね。 5万字も自分だけの言葉で埋めるというのは至難の技ですよ。 (もしくは、小説家とかですね) しかし、論文…

打ち込み資料はなぜ必要か?

論文を読んだら打ち込め、としましたが、なぜ必要なのかを掘り下げてみましょう。 1.論文のまとめ文章である 打ち込み資料は、自分が重要・必要と思ったところを抜粋してあるものですが、一度 読んでいるので、打ち込み資料を読めばその論文の内容を思い出す…

打ち込みマシーンになりましょう -ブラインドタッチができないと大変です-

ペンをもって論文を読んだら, 次の作業は、打ち込みです。 やることは簡単です。 論文を読んだときに目印を付けた文章を ひたすらパソコンに打ち込んでいくだけの作業 です。 ワードでもメモ帳でもよいので、とにかく打ち込んで文章にするのです。 ここで、…

論文執筆のスケジュール

そういえば、全体のスケジュールについての話をしていませんでしたね。 論文執筆は、スケジュールをちゃんと管理しないといけないのにね。 ということで、スケジュールのお話です。 大体どこの大学であったとしても、1月から2月に提出ということになっている…

論文を書くのに絶対にやってはいけないこと -引用元はしっかり記載しよう-

絶対にやってはいけないこと。 それは、、、 盗作・剽窃行為 です。 盗作・剽窃行為とは、 他人の著作から、部分的に文章、語句、筋、思想などを盗み、自作の中に自分のものとして用いること。(ブリタニカ国際大百科辞典より) です。 仮に大学教授が盗作・…

論文を読みか読まないかを決める要素

ある日、先生(もちろん教授です)と話をしていたところで、 論文の話になりました。 その先生曰く、 その論文を読むか読まないかは、 1分以内に決められる、というのです。 つまりは、その時間でその論文の価値がだいたいわかるということです。 そのポイン…

読むときにはペンを持て 

論文を集めたらひたすら読むこととなります。 まずは、質より量ですから、とにかくガンガン読みましょう。 最初は数が重要です。 なお、 論文を読むときにはペンを持ちましょう。 私は蛍光ペンを使ってました。 ペンで何をするのか? それは簡単です。重要・…

本は読むな!!! -そんなものは、必要になったら読めばよい-

論文を書くのに本を読むな!!ってどういうことよ。 って思うでしょう。 これは、最初から本を読むのは時間の無駄ということです。 本は必要となった場合に、読めばよいのです。ここを間違えて時間を浪費している人が沢山います。 最初、読み始めるのは、本…

論文という名の「随筆」

論文は、自分の意見を表明するものです。 しかし、よく出会ったのは 「随筆」を論文と言い張る人 です。 それも、 こころにうつりゆく よしなしことを、 そこはかとなく かきなぐった ものです。 正直、独りよがりで読むに堪えないものが多かった。 (読む側…

量をこなさないと質はわからない -必要な無駄と本当の無駄-

これは、経験則に基づくものです。 「量をこなさないと質はわからない」 誰しも無駄なことはしたくありません。 しかし、その無駄かどうかが判断できないのが本当です。 そのため、質がわかるようになるまで、量をこなすしかありません。 量をこなすというこ…

ひたすら集める えっ、何を?

ここからは行動です。 まずはひたすら集めましょう。 って、何を集めるの? 「論文」を集めるのです。 いわゆる、先行研究と言われるものです。 大学の先生や研究者の人たちは、日々研究を行い、たくさんの論文が 発表されています。 自分のテーマに近い(近…

テーマは「ぼんやり」の状態で走り出す

みなさん、執筆要項は手にいれましたか? 簡単なことですので誰でもできることです。 さて、第一のハードルを越えたので次にいきましょう。 論文執筆にあたっては、「何を書くか」は非常に重要です。 しかし、論文となるテーマを最初にうんうん考えてもおそ…

一番最初にやること -ちゃんとやっていますか-

論文を書くにあたって一番最初にやること、それは・・・ 執筆要項を入手すること なんだ、当たり前じゃないと思いますよね。これ案外、皆さんやらないんですよね。 読んでいても文字数とかその程度。確かに文字数も重要です。 しかし、 「どのような決まりを…

はじめに - 論文を書くための必要な行動-

数年前、社会人大学院生をしていました。 昼間は勤務してますから、時間は限られています。そこで、我流の方法論で論文を執筆しました。 (もちろん、いろんな情報調査はしましたよ) その後、論文執筆でどういう行動したかを同期や先生と話をしていたら、 …